ぉゔぇ記

好きなことを好きなように書きます。

Love Beer?

 今更ながらであるが、弊ブログ「ぉゔぇ記」の名前の由来とは、僕がその昔付き合っていたかわいい女の子が、『loveってキーボードで打ったらぉゔぇになっちゃったんだよね(笑)』という話したのをなにかの拍子でふと思い出してしまって名付けたものである。つまり「愛するものについての記述」というわけなのであり、URLも「lovenote」となっている。男は変なことを覚えており、変なところでロマンチストな生き物なのだ。

 

 それ故にAdventCalendarのネタに困った自分が、愛するサッカーチームと愛するサッポロビールについて書いてもこのブログの趣旨に1つも反するところはないのだ。いっぱいビールの写真を載せていこうと思うが、ぜひ「どこのお店」なのかを考えながら見てほしい。店の名前は注釈で記していく。

 

 

 

コンサドーレサポーターが通るとサッポロビールが消える、と言われている。

f:id:Consaneko:20180224111043j:plain*1

だって僕らは札幌が好きだから。

f:id:Consaneko:20181201113406j:plain*2

だからサッポロビールを飲む。

 

 

 

僕らは勝って飲む。

f:id:Consaneko:20180414172734j:plain*3
引き分けても飲む。

f:id:Consaneko:20181020190536j:plain*4

ボロクソに負けたって飲む。

f:id:Consaneko:20180915214900j:plain*5

 

 

大勢で、

f:id:Consaneko:20181104160129j:plain*6

少人数で、

f:id:Consaneko:20180225124008j:plain*7
そして一人で飲む。

f:id:Consaneko:20180222204621j:plain*8

 

 

ホームの街で飲み、

f:id:Consaneko:20180901181249j:plain*9

アウェイの街でも飲む。

f:id:Consaneko:20180825224241j:plain*10

 

 

僕らは瓶で、

f:id:Consaneko:20180414112541j:plain*11

缶で、

f:id:Consaneko:20181020133200j:plain*12

サーバーで注いで飲むこともある。

f:id:Consaneko:20171223181245j:plain*13

 

 

電車の遠征で飲み、

f:id:Consaneko:20180825125142j:plain*14

バスツアーの遠征で飲む。

f:id:Consaneko:20181124085959j:plain*15

 

 

大量に飲むことが多いけれど、(このブーツグラス1つで約2.4リットル)

f:id:Consaneko:20180804110246j:plain*16

少しだけしか飲まないときもある。

f:id:Consaneko:20181212011033j:plain*17

 

いっぱい飲んでいるうちに、僕らは瓶ビールのラベルにまでなった。

f:id:Consaneko:20171216170642j:plain*18

 

 

僕らは黒ラベルを、

f:id:Consaneko:20181024181637j:plain*19
ヱビスを、

f:id:Consaneko:20180421101335j:plain*20

赤星を、

f:id:Consaneko:20181104133914j:plain*21

クラシックを愛していて、

f:id:Consaneko:20180831143824j:plain*22

そしてコンサドーレを愛している。

 f:id:Consaneko:20180224132058j:plain

 

 

サッポロビールの星マークは、北の空に動かず輝く北極星がモチーフだ。

だからコンサドーレも北の大地の唯一無二のサッカークラブを目指して、いつか北海道とともに世界へ進出して、北極星のように輝こうじゃないか。

僕らはその未来を見届けようじゃないか。

 

f:id:Consaneko:20181212023731j:plain*23

コンサドーレよ、星になれ。

来シーズンも、僕らに美味しいサッポロビールを飲ませてくれ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事は北海道コンサドーレ札幌 Advent Calendar 2018参加記事です。

ぜひ他の日の記事もご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

*1:第1節試合前@広島のコンビニ

*2:第34節試合前@札幌ドーム

*3:第8節試合後 炭火焼鳥TORI扇@柏

*4:第30節試合後 仲よし@平塚

*5:第26節試合後 さくら水産武蔵小杉北口店@川崎

*6:ユースの試合後 一軒め酒場大宮東口店@大宮

*7:第1節翌日 福ちゃん@広島

*8:ヨッシーズ@茅場町

*9:第25節試合後 燦醸小町大通店@札幌

*10:第24節試合後 てんま屋 静岡北口駅前店@静岡

*11:第8節試合前 咖喱屋リリー@柏からテイクアウト

*12:第30節試合前 いただきもの@BMWスタジアム平塚待機列

*13:2017年 ジンギスカン壱鉄@御徒町

*14:第24節試合前 @湘南新宿ライン車内

*15:第33節試合前 @コンサドーレ関東後援会バスツアー車内

*16:銀座ライオン銀座7丁目店

*17:第24節試合前 @武双 伊勢丹横浜店

*18:自分の好きな写真でラベルを作れるフォトビーのお買い求めはこちらから

*19:@大衆酒場BEETLE 蒲田

*20:第9節試合前 オールデイズうらわ店@浦和美園

*21:ユースの試合後 いづみや本店@大宮

*22:第25節前日 ジアスルーク&タリー@新千歳空港

*23:THE PERFECT BEER GARDEN@新宿

川口能活

 一度もうちのチームにいたことのない選手だが、彼については書かねばなるまい。

 

 そもそも自分とサッカーの出会いはJリーグ開幕前のナビスコカップ、そしてJリーグ開幕、W杯アメリカ大会アジア最終予選(要はドーハの悲劇)というところにある。当時小学校1年生、そして地元北海道にクラブが存在しないということもあり、自分たちは各チームにお気に入りの選手がいた。もちろん、日本代表の選手は人気者で、当時のほぼすべての男子小中学生が一度はカズに憧れたことがあるのではないかと思うのだが、実は自分がカズの次に好きな選手だったのがゴールキーパー松永成立と、リベロ井原正巳だったのだ。だから自分が初めて買ってもらったJリーグキャップはヴェルディではなく、マリノスだった。

 

 その翌々年のことである。日本代表でも不動の正GKだと思っていた松永のポジションをマリノスで急に奪い取ったまだ20歳の選手、それが川口能活だった。当時の自分は本当にびっくりした。だって松永が日本で一番のキーパーじゃん、と思っていたから。下川(市原)や前川(広島)、菊池新吉ヴェルディ)、古川(鹿島)なんかもいい選手だけど、僕の中では松永が一番うまいなとなんとなく思っていた。それがいきなり2年目のやつにポジションを取られるなんて。

 懐疑的な目で見た川口は、しかしすごかった。躊躇せず前に飛び出し、甘いマスク(古い言い方な気がするが当時は結構あっちこっちにこの表現が出ていたのだ)に似合わない攻撃的な守備をする、気迫あふれる選手。松永より「うまいか?」と言われたらわからないが、なんかすごい選手が出てきた、ということは感じた。

 

 その後コンサドーレが出来たので、僕の中の川口の印象はもっぱら代表のものとなり、そこはもう有名すぎて書く必要もないだろう。マイアミでベベットリバウドを止めまくってブラジルに勝ったときも、ジョホールバルダエイマハダビキアを止めて歓喜を起こしたときも、キーパーは川口だった。圧倒的な強さを見せたアジアカップ2000でもやはり川口がそこにいた。所属していたサッカー少年団でも、ちょっと背の小さな、しかし気の強い子がキーパーになった。

 

 ワールドカップでは正GKとして出場した2大会では奮闘するも勝ち星なし、一方楢崎や川島が出場し、自身がベンチだった2大会ではベスト16進出と、ワールドカップで運がある選手ではなかったが、アジアカップでは正GKとして2度の優勝。2004年のヨルダン戦でのPK戦は伝説的だった。

 

 華のある選手だったと思う。ゴールキーパーは華があることよりも、むしろ堅実にしっかりとした守備をすることのほうが大事なことも多いと思うが、絶体絶命のピンチの連続の試合でことごとく相手の攻撃を食い止めてくれるときのキーパーというのはやはり圧倒的にかっこいい。頼む、なんとかしてくれというときに絶好調の川口能活がそこにいること。その目力とともに、忘れられない選手だった。長い間お疲れ様でした。

 

鹿島戦後のツイートについて

 Message of amends.書く前に頭の中で考えたとはいえ、推敲をほぼせず投稿しましたので、読みにくい点などありましてもご容赦ください。

 

 先週、鹿島戦後に「地震を言い訳にしてほしくない、甘えている」「たかが2日か3日停電しただけで、2週間以上まともに練習しているのに許して良いパフォーマンスではない」という旨のツイートをしました。2試合連続のチームの低パフォーマンス(については同意していただけると思います)に対する怒りと絶望と、最近の私が多少落ち込み気味だったことによるものではありますが、あまりに無遠慮で無神経な言葉でした。ごめんなさい。

 

  真意を説明しますと、まず「北海道民の多くは今回の地震によりコンサドーレというチームよりももっと苦しい思いをしている」と思っていた点(そしてそれは自分の中では自明だったので書かなかったのですが)が、自分の怒りに火をつけた点であります。厚真やむかわ、由仁町などの被害のひどかった地域の方々はもちろんのこと、酪農家の方は牛乳を殺菌できないので捨てねばならず、北電の方は電力復旧のため不眠不休で働き、土木業者の方は陥没した道路や土砂崩れの応急処置に右往左往し、小売業者や運送会社の方は物資の安定供給と運送に非常に苦労して、その他にも様々な業種の方が、異常事態の中、北海道の日常を取り戻すために懸命に働いたはずです。自分の父も、地震後に小樽と札幌と千歳を見回り、地震後の対処を行っていました。

 そんな中、自分はコンサドーレはたった2日3日練習を休んだだけで、それ以外はほぼ予定通りのスケジュールで練習し、試合に臨むことが出来ている、と思いました。その中で、川崎には7-0で大敗し、鹿島には何も出来ずに、点差以上の敗北を喫したという認識でした。その中で、勝ち負けはともかくもう少し戦う姿勢や勇気を持った試合、運動量あふれる、躍動感のある、北海道に元気を与えるような試合は出来ないものなのか、北海道の多くの人よりずっと恵まれた状況で練習を行えている、平常通りに極めて近い状態で調整が出来ているはずなのに、なんて情けないんだ、という思いから怒りが止まらなくなり、前述のツイートに至った次第です。

 

 あのツイートには3つの問題点があったと考えています。

 1つめは、単純な事実誤認です。というのは、チーム内で地震を言い訳にした発言は、まず単純になかったということです。そのような言い訳をしていないのに言い訳をするな、甘えるな、というのはあまりに意味不明であり、読んだ側としても意図を汲み取るのは難しいといえましょう。

 2つめに、ツイートにおける説明不足です。先程書いたように、別に自分は北海道の人間が地震があったから甘えている、などということを思ったわけでは全く無いですし、当然そのような書き方はしたつもりはありませんでした。しかし、読み直してみると僕が頭の中で勝手にそのことを自明だと思っていただけで、文章自体はそのような文章だと捉えられても致し方ない文面でありました。真意を汲み取ってはもらえないのも当然だと思います。

 3つめに、自分が普段コンサドーレに向き合っている姿勢とは異なる姿勢で感情に任せて書いてしまったことです。以前もこのブログに書きましたが、自分がそもそもコンサドーレというチームを愛しているのは、彼らが僕らの代表である(北海道で生活している、僕らと空気や水や食べ物を分かち合って生きている人たちのチーム)から、という理由でした。だからこそ勝てばこの上なく嬉しく、負ければこの上なく悔しいのです。勝ったときだけ喜びを享受し、負けた時に分かち合わず、彼らにすべてをなすりつけるような言葉自体が、自分の普段の信条とは異なるものでした。今シーズン勝ち進んでいることで、いつの間にかそのような原点を忘れてしまっていました。

 

 そしてその結果として最も残念だったことが、当然の帰結ではありますが、自分と同じくコンサドーレを愛しているサポーターの皆さん、特に北海道在住の皆さんに困惑され、悲しまれ、怒られ、残念に思われてしまったことでした。中には一部、「言いたいことはわかっている」という、理解力が極めて高い方からのありがたいお言葉もありましたし、「なんか妙に絡まれているね」と慰めてくれる人もいましたが、自分の真意が書かれておらず、かつ完全に間違った書き方で表現してしまった以上、他の誰が気にしなくても(ということは全く無いことも知っていますが)自分が気にしてしまうので、心から謝罪させていただき、またこれからはもう少し気をつけてデリケートな問題についてはツイートしようと思います。本当にごめんなさい。これからも宜しくお願いします。

 

 

鳥栖戦、勝ちましょう。