ぉゔぇ記

好きなことを好きなように書きます。

サッカー

鈴木武蔵、代表デビュー

苦節20年(前回のコンサドーレ所属選手の代表戦から)…長い道のりであった…!! いや、ちょっと最近仕事が忙しくて実は試合は1秒たりとも見てはいないんですけどね(さっきハイライトだけ見たけど)でも、Twitter上でコンサドーレのサポーターがはしゃいで…

こんな時どういう顔をすればいいのかよくわからないの

前日レビューに書いたホーム開幕の勝率の悪さなど全く相手にせず清水に圧勝。圧勝とか快勝とかいうと湘南サポの大臣みたいだけど、圧勝とか快勝とか以外の言葉が見つからない。見つかるけど、完勝とか…?いやね、見てるほうがびっくりしてるんですよね、浦和…

勝って、分けた。

先週末は浦和戦。ハイライトだけでもイケる絶頂勝利。いや札幌強かった。浦和も微妙だったのは大きいとは思うけどね。やはり埼スタで勝つのは最高なのだ。いや勝つのはどこでも最高なんですけど。 んで今日はルヴァンマリノス戦。埼スタ以来、ふくらはぎはま…

2019年J1リーグ第1節 湘南戦プレビュー

主な新加入選手 指宿洋史(←千葉)武富孝介(←浦和)中川寛斗(←湘南)古林将太(←仙台)フレイレ(←清水)レレウ(←アトレチコMG〈ブラジル〉)デュマス(←フラメンゴ〈ブラジル〉)松原修平(←群馬) 前年対戦成績 第7節 札幌1-0湘南 都倉 第30節 札幌2-…

サッカードラフト会議2018 MTコンサネコの戦略と結果

こちらを読んで影響されたので同じく12月23日のサッカードラフト会議について自分も書いてみます。長くなりましたんでお暇な時間に。 do-8reyspurs.hateblo.jp ・コンセプト 次世代の三浦俊也サッカーを見せられるチームにすること。 ・リストアップ お話を…

さあ行こうぜ 道は険しくても

Jリーグに楽な試合なんてない。J2上がりだろうが順位が何位だろうが前回勝ってようが負けてようが相性が良かろうが悪かろうが、絶対に勝てる試合も絶対に負ける試合も存在しない。ナメてたらやられるし、勝つのはいつだって大変だ。 1試合も負けられない、み…

「代表する」ことがわからない者たちに国を代表する資格はない

以前、何かになぜ自分がコンサドーレにここまで心惹かれるのかを書いたことがある。端的に言えば、「選手は我々と同じように札幌の飯を食い、札幌の水を飲み、札幌の空気を吸って、札幌でサッカーをしている、札幌の代表だから」と言うことだ。そう、つまり…

日本サッカーの価値を毀損する田嶋幸三他、現代表関係者は今すぐ職を辞してサッカーに金輪際かかわらないように

名古屋戦のこと書こうかと思ったけどあまりにひどい代表監督人事に怒りが収まりません。この時期に代表監督やめさせるバカな協会が世界のどこにあるんだって我が国でしたすいません。

手持ちの武器がわかりにくすぎる代表

日本代表2試合見たわけですよ。内容的には2試合とも負けの試合、1つはギリギリで追いついて引き分け、って感じでしたね。 まあこっちも観戦については20年選手のベテランなんで、結果がどうこうとか今の段階で言い過ぎても別にしゃーないとはわかっています…

ダメなとこと 変わんないとこと すばらしいこと

あっという間に2試合が終わり、1分1敗。まあ想定の範囲内の結果ではあるので、特別気落ちしたりする必要はないと思います。もちろん勝ちたいし、結果もある程度ついてこないと残留もできなくなってしまうので、なかなか難しいのですが。見ていて面白い!と思…

40週後の俺たちのために。

未来はいつだって今の続きだ。 一つの出来事で、未来は変わる。 一つの行動で、一つのことばで、一つの決意で、変わる。 だから今を頑張るのは未来のためだ。 未来の自分が悔いなくやりきれたと思えるように。 楽しかったと思えるように。最高だったと思える…

2017年11月18日

何も書いておかないと大事な日を忘れる気がしたので。 2002年11月30日。曽田さんが延長Vゴールで広島を倒してから約15年。 2004年11月23日。J2最下位になってから約13年。 2006年12月29日。天皇杯の準決勝でガンバに負けてアクションサッカーが終わってから…

永遠のヤングガン

岡本賢明が引退するということだ。 この度引退する事にしました。ここまで出会った全ての人に感謝です。本当に楽しい11年間でした。ありがとうございました。 https://t.co/aOxhPiZNR8 — 岡本 賢明 (@yasuaki_o17) 2017年11月3日 コンサドーレサポーターがは…

ラスト9試合だしいろいろ調べてみたよ

ラスト9試合まで来て14位とか最高じゃんとかいう気持ちが3、もっと上でもいいんだよという気持ちが1、とにかくなんでもいいから落ちたくねえという気持ちが6くらいの今日このごろです。できれば気持ち的には2番めと3番めを逆転させたくもありますがそんなに…

磐田戦のヘイスのゴールが素晴らしすぎた件。

いや、驚きました。北海道コンサドーレ札幌が強かったのです。いつからそんなに強かったんでしょうか。こんなに強いならもうちょっと勝っててもいいんじゃないでしょうか。なんで14位なの、ねえ。アウェイで1つも勝ってないからだけど。みたいなゴールが決ま…

清水エスパルス 小林伸二監督の言葉が札幌にグサグサ突き刺さる件

とりあえず、連敗を止めることが出来ました。おめでとうございます。今日でリーグ戦はちょうど折り返し。17試合終えて勝ち点15。首の皮1枚つながっている感じですが、2012年(最終勝ち点14)は半年で超えることが出来ました。やったぜ。次の目標は2008年(最…

ガンバ戦の判定と、サポーターの役割

どう見たってハンドやんけ! とこの画像を見て言うのは簡単なのですが、手で故意的に止めようとしたわけではなく、滑り込む動作の最中に胴体のところにある手が当たってしまった(それも自分の足に当たった跳ね返りが)ということで、おそらく審判が100人居…

席詰め、しましょ(アウェイのお話)

ジュビロ磐田とアウェイで2-2の引き分け、勝ち点は1積んだものの相変わらず15位の我らが北海道コンサドーレ札幌でありますが、今日はそのアウェイで思ったことであります。てか大体Twitterで書いたんですけどね。 単純に昨日みたいに満員のアウェイとかでは…

「深井、頑張れよ!!」

残留圏内になんとか食らいついているコンサドーレ 2017年シーズンのリーグ戦は6試合を終えて、コンサドーレはここまで2勝1分3敗の勝ち点7。とにかくJ1残留することが最大にして最高の目的となっている今季、最終的な結果はともかくとして、ここまでは「J1で…

アジア最終予選でジェイを先行視察してきた

日本 4-0 タイ 日本の快勝という結果ではあったものの、本職のボランチがいっぱい抜けたせいもあってか、わりとタイの攻撃シーンも多く点差ほどの内容の開きはなかった。ただ個の力、そして一つ一つのディテールはやはり日本代表のほうが遥かによく、妥当な…

ようこそJ1リーグへ

Welcome to ようこそ J1リーグ! 今節もドッタンバッタン大騒ぎ 信じるクラブは十人十色 だから惹かれあうの スタジアムで チケットそっともぎられたら おひさしぶり 今日は絶対勝ちたいなララララ ララララ Oh Welcome to the J1リーグ ララララ ララララー…

2017順位予想(J1、J2)

まあ、順位予想と言ってもJ1の12位と13位と14位の差とかそんなもんどうでもいいので、大雑把に上位中位下位と三分することにしました。あとその中で並べてる順番は地域順です。まずJ1から。 J1上位(1位〜6位) 鹿島…王者に死角なし 浦和…宇賀神をセンターバ…

2017 北海道コンサドーレ札幌背番号予想

別に当たっても外れてもどうということはないが予想しちゃうぞ! 背番号:選手名(2016年の同背番号の選手) という感じで。新加入選手は太字にしてみた。1:金山隼樹(金山隼樹) 2:田中雄大 3:横山知伸 4:河合竜二(河合竜二) 5:増川隆洋(櫛引一紀)…

3 years ago.

それは2013年7月9日のことでした。その日僕は後楽園へ日本ハムファイターズ対楽天ゴールデンイーグルスを見に出かけ、 試合は楽天の田中将大投手が先発で、ファイターズは0-5の完封負けを喫し、 水道橋の居酒屋へ仲間とともに飲みに出かけたのでした。そこは…

予算を超えてゆけ。J1を超えてゆけ。補強を考える(後編)

<中編はこちら>この記事は北海道コンサドーレ札幌 Advent Calendar 2016投稿記事です。他の日の記事も面白いので是非ごらんください。また、この記事も前編、中編、後編の三部作になっております。そちらもお時間がありましたらお読みいただけるとうれしい…

他年度昇格チームとの比較 2016北海道コンサドーレ札幌昇格データ(中編)

<前編はこちら> 中編の今日は、今年のコンサドーレと、過去2年に自動昇格した4チームの、J2→J1における各種データの変化を見ていくことにします。データは前編同様、Football LABのものを参照しました。 まずは北海道コンサドーレ札幌のデータを。【2016北…

全選手解剖!2016北海道コンサドーレ札幌昇格データ(前編)

三編に分けて、2016シーズンの振り返り、そして来季に向けて考えていこうという、珍しく超真面目企画の予定です。 後編はAdventCalendar 2016投稿記事となります。全体的にとても長くなりますので、お時間のあるときにどうぞ。 前編の今日は、出場した選手た…

「無気力」試合で考える、プロスポーツの意義とリーグ戦

北海道コンサドーレ札幌J2優勝おめでとうございます!(時候の挨拶)さて、何やら最終節の試合終盤のパス回しで「無気力だ」「談合だ」「あんなのプロじゃない」「ふざけるな」「村井満チェアマンの前で八百長とはいい度胸だ」「出禁だ出禁」などとお騒がせ…

サッカーで優勝したよ

おじいちゃん喜ぶぞ―

Today is the day.

― 5年後か 10年後 振り返ったとき あの日から すべて変わったと思える そんな日がある 今日がその日だ ― (リアル 13巻より) 今日が勝負の日だ。俺たちの待ち望んできた、心のヒリヒリするような勝負の日だ。総てをかけて戦わなければならない日だ。心を、…