読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぉゔぇ記

好きなことを好きなように書きます。

習慣というものはすごいものだなあという話

 たまにはサッカーじゃないブログを書こうと思ったので書いてる。
いや、ちょうどこれ書いてる時「アメトーク」って番組をみんな見てるんですよ、TwitterのTLで。まあ、割と見てる人って毎週見てるんですよね。視聴率もいい人気番組みたいです。みたいです、ってのは実は僕この番組を3回くらい(サッカー関係のやつ)しか見たことなくてですね。この番組にかぎらず、僕あまりテレビのバラエティーとか連続ドラマとかを見ない人なんです。実を言うとあまちゃんですら3回くらいしか見てない。

 じゃあテレビが嫌いかって言うとそんなこともなくて、一回見始めると結構楽しんでずっと見てたりします。バラエティーとかも見てたら面白いし、ドラマとかもすっごい面白そう(たいてい女優さんが好き)ってのは見ることもあるし、孤独のグルメは毎週見てました。ただ、どっちかっていうと決まった番組を毎週見るってのが苦手で、同じ時間にテレビをつけて見るのがめんどくさいんですよね。
 んで、なんでだろうって思った時に僕は暇な時にテレビをつけるクセがほとんどないんです。「見よう」という意志が結構強く働かないと見ない。だから大きめの地震とか起きた時にはすぐにテレビつけます。情報得たいし、震源とか見たいからねwこれは、子供の頃からあんまりテレビを見させられない家庭で育ったからだと思いますし、これがもう四半世紀の習慣になっちゃってるんで、もうめんどくさいんですね。そして見ないからつまらなくて嫌だとかとも思わない。
 
 僕にはわりと仲のいい親戚の家庭がありまして、たまに家に行くんですが、そこの家はテレビ大好きです。毎日テレビ見ながらご飯食べてるし、ドラマもバラエティーも録画してみていたりして、僕からするとよくもまあそれだけ見るものがあるなあという程度にテレビっ子の家庭だったりします。たぶんこれもそういう習慣がついているからなのでしょう。(いい悪いの話ではないです)

 そんなことを書いている間にアメトークとやらは終わったようです。まあ書き続けましょう。
んで、つまり何のことであれ、習慣になってしまうと、たとえそれが多少苦しいことでも苦しいと思わず続けられるようになるはずだし、楽しい事でも、習慣になってないと億劫になるのではないかと思うので、なるべくなら自分の役に立つようなことを習慣にしてしまえば、すっごくなるんじゃね?なんて思ったりするのですが、誰かがテレビを見ている間に僕はネットをしているだけなので、なかなかむずかしそうです。

 おわり。